和歌と俳句

吉岡禅寺洞

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

草庵や生けあるものにおそざくら

防風の花ぞさきゐぬ海豚の碑

うららかや見えてよりたる唐船碑

窓障子きいろにともり飼屋かな

九官鳥のゐる種物屋さがしけり

初蝉の一日鳴いて絶えにけり

春めきて大芦刈のある日かな

日永畑金鶏草の蒔いてあり

目刺焼いて居りたりといふ火を囲む

藪椿しづかに芯のともりゐる

春の池すこし上れば見ゆるなり

どんたくの鼓の音ももどりなる

水口に水のはやれる代田かな

春光や遠まなざしの矢大臣

額にはり頬にはりて子の椿姫

ぎしぎしも雀隠れの穂をあげし

おほばこも雀隠れとなりにけり

鮠川の黒生のすすきふみもする

金鳳華咲きつつ蝌蚪は尾を消せり

水草生ひぬ人々よりて映りたつ

雀の巣ものみな古くほとりしぬ

白日の巣引雀のとびかひぬ

漢ゐて巣引雀をさしにけり