和歌と俳句

飯田蛇笏

山廬集

>>次のページ

もつ花におつるなみだや墓まゐり

居すごして箸とる家のかな

たかどのに源氏の君が蚊遣かな

さし汐の時の軒端や蚊遣焚く

桐の葉に夕だちをきく書斎かな

鈴の音のかすかにひびく日傘かな

麦の穂にかるがるとまる雀かな

白菊のしづくつめたし花鋏

花すすき小垣の昼を鶏鳴いて

今朝秋や笏をいだけば袖ながし

茶筒かげそれも夜長の爐縁かな

橋からの釣糸ながし秋晴るる

春浅き草喰む馬の轡かな

芥火に沈丁焦げぬ暮の春

草籠の蔭に雉子や春の山

舊山廬訪へば大破や辛夷咲く

水車の火幽かにもあるや月の渓

就中学窓の灯や露の中

露草に落木あまた端山かな

冬に入る爐につみ焚くや古草鞋

あら浪に千鳥たしかや帆綱巻く

俊寛の枕ながるる千鳥かな