万葉集巻十四
くへ越しに麦食む小馬のはつはつに相見し子らにあやに愛しも

好忠
山がつのはてに刈りほす麦の穂のくだけて物を思ふころかな

麦の葉に慰行や小山伏 才麿

麦の穂の筆を染るや御門外 才麿

郭公まねくか麦のむら尾花 芭蕉

芭蕉 (野ざらし紀行)
いざともに穂麦喰はん草枕

芭蕉 (野ざらし紀行)
行駒の麦に慰むやどり哉

一日ひとひ麦あからみて啼雲雀 芭蕉

麦の穂を便ぬつかむ別かな 芭蕉

麦の穂のはづれはづれやあじろ笠 浪化

旅芝居穂麦がもとの鏡たて 蕪村

うは風に音なき麦を枕もと 蕪村

蕎麦あしき京をかくして穂麦哉 蕪村


草山や南をけづり麦畑 漱石

麦の穂にかるがるとまる雀かな 蛇笏


安房の國や長き外浦の山なみに黄ばめるものは麥にしあるらし

牧水
黄なる麦一穂ぬきとり手にもちて雲なきもとの高原をゆく

牧水
わが顔もあかがねいろに色づきぬ高原の麦は垂穂しにけり

赤彦
おぼつかなき雨のあがりに夕方の麦の黄ばみはうすほのめけり

夏海へ燈台みちの穂麦かな 蛇笏

鳩啼いてひとり旅なる山の麦 亜浪

麦の穂にわが少年の耳赤し 石鼎

牧水
熟れわたる麦のにほひは土埃まひ立つ道に流れたるかな

耕平
一面の穂麦畠にあかあかと風波わたる見れど飽かなく

提灯に穂麦照らされ道左右 泊雲

朝燕麦穂の露の真白なる 泊雲

五月 立夏 初夏 牡丹 衣更 葉桜 菖蒲 菖蒲葺く 菖蒲湯 鯉幟 柏餅 新茶 薄暑 セル 芭蕉巻葉 葵祭り 若楓 新樹  若葉 たけのこ 芍薬 芥子の花 雛罌粟 忍冬の花 棕櫚の花 桐の花 朴の花 泰山木の花 薔薇 茨の花 卯の花 麦の秋 麦刈り 花菖蒲 あやめ 杜若 短夜 初鰹 花橘 柿の花 石榴の花 栗の花 椎の花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図