和歌と俳句

アカシアの花

白秋
あかしやの 花ふり落す 月は来ぬ 東京の雨 わたくしの雨

牧水
袖ひろき 宿屋の寝衣 着つつ見る アカシアの花は かなしかりけり

晶子
かば色の つやよく長き 頸のべて 麒麟の食める あかしあの花

山頭火
アカシヤに凭ればうなだるる花のつかれかな

牧水
松原に いつ生ひにけむ ひともとの アカシヤ生ひて 花咲けり見ゆ

誓子
アカシヤのもとに梢の花も落つ

誓子
花咲きて落つアカシヤの樹のまはり

虚子
アカシヤに凭れて紀陽パリの夢

蛇笏
アカシヤに夕焼雲のいなびかり

青畝
風塵のアカシヤ飛ぶよ房のまま

秋櫻子
アカシヤ咲けり高原の風袖吹くも