和歌と俳句

泰山木の花

茂吉
ゆふぐれの 泰山木の 白花は われのなげきを おほふがごとし

泰山木の大き花かなにほひ来る 亞浪

ばらりずんと泰山木の花崩る 草城

磔像や泰山木は花終んぬ 誓子

灯に向いて泰山木の蕾かな 青邨

がつちりと花を葉を持つて泰山木 山頭火

泰山木のたくましき花かをるかな 草城

昂然と泰山木の花に立つ 虚子

黒雲や泰山木の花に風 石鼎

霖雨や泰山木の花墜ちず 久女

子へ書けり泰山木の花咲くと 鷹女

今日の興泰山木の花にあり 虚子

八一
きぞのよひさしていねたるひとえだのたいさんぼくはさきいでにけり

八一
ねそべりてものかくあさをかたはらにたいさんぼくはかににほひつつ

八一
おほらかにひとひをさきてうつろへるたいさんぼくのはなのいろかも

慰霊の日泰山木の一花の白 草城

皓々と泰山木のけさの花 草城

昼寝ざめ泰山木の花の香に 草城

万緑に泰山木の花二つ 草城

泰山木七つの蕾ひらき次ぐ 草城

泰山木の花視野になしそのかをり 草城

墨かをり泰山木の花かをる 草城

泰山木ひらき即ち古びに入る 多佳子

雀らに泰山木の黙の花 波郷

泰山木蕋をとどめて花は散る 青畝

暁の空気泰山木咲けり 立子

泰山木咲きくだり来て窓の前 悌二郎

泰山木咲き東京を濡らす雨 静塔