葉桜

葉桜の昔忘れてすずみけり 千代女

葉桜や眼にたつものは蝶ばかり 千代女

葉桜や鳥の朝寝も目にたたず 千代女

葉櫻や碁氣になりゆく奈良の京 蕪村

葉ざくらのひと木淋しや堂の前 太祇


葉桜はつまらぬものよ隅田川 子規

葉桜や昔の人と立咄 子規

葉櫻や嵐橋晴るる人の傘 蛇笏

小供の声をちこちに葉桜照れり 山頭火

葉桜の灯の遠い浅草の灯に立ち 碧梧桐

葉桜に時の太鼓や午の雨 泊雲

利玄
葉ざくらよ雨間の雫地をうてり花どき過ぎてかくはしづけき

葉桜にかな女が窓の開け放し みどり女

葉桜や橋の上なる停留所 爽雨

葉桜や蝙蝠空へおよぎけり 石鼎

パン屋が出来た葉桜の午の風渡る 碧梧桐

葉桜に風衰へし夕べかな 石鼎

はざくらや翔ける雷蝶眞一文字 蛇笏

五月 立夏 初夏 卯月 牡丹 衣更 葉桜 菖蒲 鯉幟 柏餅 新茶 薄暑 葵祭り 若楓 新樹 若葉 芍薬 芥子の花 雛罌粟 忍冬の花 棕櫚の花 桐の花 朴の花 泰山木の花 薔薇 茨の花 卯の花 麦の秋 麦刈り 花菖蒲 あやめ 杜若 短夜 初鰹 花橘 柿の花 石榴の花 栗の花 椎の花
お得区案内図