和歌と俳句

金雀枝 えにしだ

亜浪
えにしだの夕べは白き別れかな

虚子
えにしだの黄色は雨もさまし得ず

誓子
えにしだに暁起きの眉洗ふ

誓子
えにしだの幾日か過ぎて日々つとむ

波郷
金雀枝や基督に抱かると思へ

万太郎
えにしだの黄にむせびたる五月かな

たかし
連翹に継ぐ金雀枝の黄は強し

たかし
金雀枝の黄金鈍れば小神鳴

秋櫻子
金雀枝や日の出に染まぬ帆のひとつ

秋櫻子
金雀枝や鞆の津見せぬ朝の靄