麦の秋

宿々は皆新茶なり麦の秋 許六

病人の駕も過けり麥の秋 蕪村

麦秋や何におどろく屋ねの鶏 蕪村

麦秋や一夜は泊る甥法師 蕪村

深山路を出抜てあかし麦の秋 太祇

麦秋や馬に出て行馬鹿息子 太祇

麦秋や埃にかすむ昼の鐘 太祇

我隣蚕に交る麦の秋 青蘿

穂にむせぶ咳もさはがしむぎの秋 太祇

麦秋やふと居馴染る伊勢参 一茶

黒い穂もなまめき立り麦の秋 一茶

麦秋や子を負ながらいはし売 一茶

麦秋や土台の石も汗をかく 一茶

山寺は碁の秋里は麦の秋 一茶

五月 立夏 初夏 牡丹 衣更 葉桜 菖蒲 菖蒲葺く 菖蒲湯 鯉幟 柏餅 新茶 薄暑 セル 芭蕉巻葉 葵祭り 若楓 新樹  若葉 たけのこ 芍薬 芥子の花 雛罌粟 忍冬の花 棕櫚の花 桐の花 朴の花 泰山木の花 薔薇 茨の花 卯の花 麦の秋 麦刈り 麦打ち 花菖蒲 あやめ 杜若 短夜 初鰹 花橘 柿の花 石榴の花 栗の花 椎の花
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図