與謝蕪村

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

うき草を吹きあつめてや花むしろ

湖へ富士をもどすやさつき雨

川床に憎き法師の立居かな

ゆふがほに秋風そよぐみそぎ川

若竹や夕日の嵯峨と成にけり

脱かゆる梢もせみの小河哉

祇園會や真葛原の風かほる

ゆふだちや筆もかはかず一千言

丈山の口が過たり夕すずみ

麦刈て遠山見せよ窓の前

夕風や水青鷺の脛をうつ

老なりし鵜飼ことしは見えぬ哉

垣越て蟇の避行かやりかな

花か実か水にちりうかむ夏木立

いとまなき身にくれかかる蚊やり

短夜や浪うち際の捨篝

けしの花籬すべくもあらぬ哉

うは風に音なきを枕もと

花いばら故郷の路に似たる哉

愁ひつつ岡にのぼれば花いばら

落合ふて音なくなれる清水

みじか夜の闇より出て大ゐ河

短夜や吾妻の人の嵯峨泊り

麦刈に利き鎌もてる翁かな

麦秋や一夜は泊る甥法師

宗鑑 貞徳 季吟 宗因 来山 言水 才麿 鬼貫 芭蕉 素堂 其角 嵐雪 去来 丈草 凡兆 史邦 杉風 荷兮 曾良 路通 越人 土芳 野坡 支考 許六 浪化 惟然 北枝 涼菟 千代女 也有 太祇 暁台 几董 召波 白雄 青蘿 一茶
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句