和歌と俳句

西山宗因

そよそよそよ昨日の風体けふの春

難波江はけふぞ春風春の水

信濃路の駒は春もや木曾踊

世の中よてふてふとまれかくもあれ

されば爰に談林の木あり梅の花

はつ花や急ぎ候ほどに是ははや

で候御名をば得申舞の袖

ながむとて花にもいたし頸の骨

花むしろ一けんせばやと存候

海はすこし遠きも花の木の間哉

殿風や東西東西江戸ざくら

松に藤蛸木にのぼるけしきあり

菜の花や一本さきし松の下

よれくまむ両馬が間に磯清水

命なりさゆの中山香需散

峰入は宮も草鞋の旅路哉

薬かん屋も心してきけ時鳥

ほととぎすいかに鬼神も慥にきけ

蛍火は百がものありなめり河

蚊柱や削らるるなら一かんな

花落ちて青雲なびく

なんともはや楊梅の核昔口