家持
さを鹿の朝立つ野辺の秋萩に玉と見るまで置ける白露

家持
我が屋戸の尾花が上の白露を消たずて玉に貫くものにもが

湯原王
玉に貫き消たず賜らむ秋萩の末わくらばに置ける白露


古今集 よみ人しらず
鳴きわたるかりの涙やおちつらん 物思ふやどの萩のうへの露

古今集 文屋あさやす
秋の野におく白露はたまなれや つらぬきかくるくもの糸すぢ

古今集 敏行
白露の色はひとつをいかにして秋の木の葉を千々に染むらむ

古今集 よみ人しらず
わがうへに露ぞおくなる 天の川とわたる舟のかいのしづくか

新古今集 道真
草葉には玉と見えつつわび人の袖のなみだの秋のしらつゆ

後撰集 貫之
さを鹿の立ならす小野の秋萩に置ける白露我も消ぬべし

後撰集 忠岑
秋の野に置く白露を今朝見れば玉やしけるとおどろかれつゝ

好忠
たが置ける玉にかあるらん秋の野の草葉をよきずむすぶ白露

好忠
秋の野の草むらごとに置く露は夜なく蟲の涙なりけり

好忠
来る雁の夜半の羽音におどろきて野べの白露をきてゐぬかな

好忠
寝たるまに露やをきゐてしぼるらんひたうちはへて守る山田を

好忠
枝もたわ折れぬるかもと思ふまでいくそか置ける秋萩の露

金葉集 太宰大弐長実
まくずはふあだの大野の白露を吹きな乱りそ秋の初風

新古今集 恵慶
秋といへば契り置きてや結ぶらむ浅茅が原の今朝のしら露

俊成
栞する楢の葉柴に散る露のはらはらとこそ音は泣かれけれ

西行
いそのかみ古きすみかへ分け入れば庭のあさぢに露ぞこぼるる

西行
末は吹く風は野もせにわたるともあらくは分けじ萩の下露

西行
蛬なくなる野邊はよそなるを思はぬ袖に露ぞこぼるる

千載集 慈円
草木まで秋のあはれをしのべばや野にも山にも露こぼるらん

式子内親王
おもほえずうつろひにけり詠めつつ枕にかかる秋の夕露

定家
下草のうへとやよそにおもはましひく人もなき露のふかさを

定家
これもこれうき世の色をあぢきなく秋の野原の花のうは露

良経
はかなしや荒れたる宿のうたたねに稲妻かよふ手枕の露

式子内親王
萩の上に雁の涙の置く露は凍りにけりな月にむすびて

定家
秋萩の散りゆく小野の朝露はこぼるる袖も色ぞうつろふ

定家
ふしみ山妻とふ鹿のなみだをやかりののいほの萩の上のつゆ

定家
うつりあへぬ花のちぐさに乱れつつ風の上なる宮城野のつゆ

定家
おきて行くただ通ひぢの朝露ぞ草のたもともしぼるばかりに

定家
心あてのおもひのいろぞたつた山けさしもそめし木ぎの白露

実朝
あさぼらけ萩のうへふく秋風に下葉をしなみ露ぞこぼるる

実朝
久かたのあまとぶ雁の涙かもおほあらき野の笹が上の露

実朝
秋田もる庵に片しく我袖に消あへぬ露のいくよをきけむ

三日月 秋の夜 夜長 花野 刈萱 撫子 桔梗 女郎花 藤袴 松虫 鈴虫 馬追 蟋蟀 竈馬 きりぎりす くつわむし 鉦叩 名月 今日の月 月見 十六夜 蜻蛉 曼珠沙華 鶏頭 雁来紅 秋海棠 竜胆 コスモス 吾亦紅
お得区案内図