和歌と俳句

藤原俊成

幾返り 波の白木綿 かけつらむ 神さびにける 住の江の松

思ふこと 三輪の社に 祈りみむ 杉はたづぬる しるしのみかは

あさひさす たかねの花は 匂へども 麓の人は しらずぞありける

ききそめし 鹿の苑には ことかへて 色々になる 四方のもみぢば

雲もみな むなしととくに 空晴れて 月ばかりこそ 澄みなさりけれ

はるかにも にほひけるかな 法の花 のちのいほとせ なほさかりなり

惜しむかな 月の御顔も 影きえて 鶴の林に けぶりたえけむ

世の中を おもひつらねて ながむれば むなしき空に きゆる白雲

常にすむ 鷲のみ山の 月だにも 思しれとぞ 雲がくれける

あか月と ききて出でつる 別れ路を やがてくらすは 涙なりけり

浦づたふ 磯のとまやの かぢ枕 ききもならはぬ 波の音かな

しはつ山 楢の下葉を 折りしきて こよひはさねむ 都恋しみ

新勅撰集・羇旅
わがおもふ 人にみせばや もろともに 隅田川原の 夕暮の空

新勅撰集・羇旅
はるかなる あしやの沖の 浮寝にも 夢路はちかき 都なりけり

住み馴れし すみかも常の すみかかは 旅を旅とも なに思ふらむ

君が代は 斧の柄くちし 山人の 千度かへらむ ときもかはらじ

まことにや 松は十返り 花さくと 君にぞ人の とはんとすらむ

はなの色の あかずみゆれば 帰らめや 渚の宿に いざくらしてむ

みねつづき 山邊はなれず 住む鹿も 道たどるなり 秋のゆふぎり

やまがはの 瀬々のうたかた 消えざらば しられむすゑの 名こそ惜しけれ