和歌と俳句

藤原俊成

いつしかと降りそふ今朝のしぐれかな露もまだひぬ秋の名残に

袖ぬらす小島が磯の泊かな松風さむみしぐれふるなり

あはれにも夜はにすぐなるしぐれかな汝もや旅の空にいでつる

いろいろの木の葉に道も埋もれて名をさへたどる白河の関

降る音も袖のぬるるもかはらぬを木の葉しぐれと誰かわきけむ

きみが世をのどかなりとや水とりも玉の砌に翼しくらむ

すまの関有明の空に鳴く千どりかたぶく月はなれもかなしや

降りそめて友まつ雪はまちつけつ宿こそいとど跡絶えにけれ

ももしきやみ垣の松も雪降れば千代のしうしの花ぞさきける

煙たつ小野の炭がま雪つみて富士のたかねの心ちこそすれ

つもれただ道は絶ゆとも山里に日をふる雪を友とたのまむ

冬くれば氷と水の名をかへて岩もるこゑをなどしのぶらむ

暮れはてて越路にかへるあらたまの年ふりこめよ雪の白山

なかなかにむかしはけふも惜しかりき年やかへると今はまつかな