須磨

赤人
須磨の海女の塩焼き衣の慣れなばか一日も君を忘れて思はむ


古今集・恋 よみ人しらず
須磨のあまの塩やく煙 風をいたみ おもはぬ方にたなびきにけり

古今集・恋 よみ人しらず
須磨のあまの塩やき衣をさをあらみ 間遠にあれや 君がきまさぬ

兼盛
須磨の浦に あさりするあまの おほかたは かひある世とぞ 思ふばらなる

信明
なにはえて 藻塩のみたく 須磨の浦に たえぬおもひを 人知るらめや

後拾遺集・羇旅 能宣
須磨の浦をけふすぎ行くときし方へ帰る浪にやことをつてまし

源氏物語・須磨
あまがつむ嘆きの中にしほたれて何時まで須磨の浦に眺めん

顕季
おもひきや また逢ふことの かたしきに 須磨の浦にて 潮たるべしと

顕季
舟出して 須磨の浦わに 夜もすがら 月のひかりの さすをこそ待て

金葉集・雑 俊頼
須磨の浦にしほ焼くかまの煙こそ春にしられぬ霞なりけれ

詞花集・雑 俊頼
須磨の浦に焼く塩釜のけぶりこそ春にしられぬ霞なりけれ

俊頼
須磨の浦に たくものけぶり たなびけば きしうつなみの たたぬ日ぞなき

千載集・夏 俊成
五月雨は焚く藻のけぶりうちしめり潮たれまさる須磨の浦人

千載集・秋 藤原実定
山おろし浦づたひするもみぢかないかゞはすべき須磨の関守

千載集・冬 俊成
須磨の関有明の空に鳴く千鳥かたぶく月はなれもかなしや

千載集・羇旅歌 源師俊
播磨路や須磨の関屋の板びさし月もれとてやまばらなるらん

千載集・羇旅歌 源国信
浪のうへ有明の月を見ましやは須磨の関屋にやどらざりせば

千載集・羇旅歌法眼兼覚
いつもかく有明の月のあけがたはものやかなしき須磨の関守

千載集・羇旅歌 家隆
旅寝する須磨の浦路のさ夜千鳥声こそ袖の波はかけけれ

千載集・雑歌 慈円
須磨の関夢をとほさぬ波の音を思ひもよらで宿をかりける

寂蓮
月ならで 須磨の関守 友ぞなき しばしな過ぎそ あまの釣舟

式子内親王
古に たち還りつつ 見ゆるかな なをこりずまの 浦の浪風

定家
須磨の浦のあまりに燃ゆる思ひかな鹽やくけぶり人はなびかで

定家
人知れぬ歎きは須磨の関よただ我のみ越えて月日へぬれば

定家
旅寝する夢路はたえぬ須磨の関かよふ千鳥のあかつきのこゑ

西行
月澄みてふくる千鳥の聲すなり心くだくや須磨の関守

定家
とまびさしもののあはれの関すゑて涙はとめぬ須磨のうら風

俊成
ききわたる関のうちにも須磨の関名をとどめける波のおとかな

定家
須磨の浦秋吹くかぜに誰すみてもしほたれけむ跡も悲しな

定家
もしほ焼くあまの苫屋に秋ふけて衣うつなり須磨のあけぼの

良経
藻鹽焼く浦のけぶりと見る程にやがてかすめる須磨のあけぼの

定家
月のさす関屋のかげのほどなきに一夜はあけぬ須磨の旅ぶし

定家
浪路より秋や立つらむすまの関あさげのそらにかはるうら風

定家
身にたへぬおもひをすまの関すゑて人に心をなどとどむらむ

良経
須磨の浦の苫屋もしらぬ夕霧に絶え絶え照らす海士の漁火

良経
遙かなる沖行く舟の數みえて波よりしらむ須磨のあけぼの

俊成
かりそめの袖も波越す須磨の浦に藻鹽たれけむ昔をぞ知る

良経
恋をのみ須磨のあまひと藻鹽たれ干しあへぬ袖の果てを知らばや

良経
須磨の浦の波にをりはへ降る雨に汐たれ衣いかに干さまし

俊成
五月雨は須磨のしほやも空とぢて煙ばかりぞ雲に添ひける

俊成
潮路より秋やたつたむ明方はこゑかはるなり須磨の波風

定家
すまの蜑の馴れにし袖もしほたれぬせき吹きこよる秋の浦風

新古今集・雑歌 定家
もしほくむ袖の月かげおのづからよそにあかさぬすまの浦人

定家
かざすてふ浪もてゆへる山やそれふきとけ須磨の浦風

定家
たび衣まだひとへなる夕霧にけぶりふきやる須磨の浦風

定家
櫻花たが世のわか木ふりはててすまの関屋のあとうづむらむ

実朝
須磨の浦にあまのともせるいさり火のほのかに人を見るよしもかな

明石 芦屋 有馬山 生田の森 印南野 高砂 須磨寺 布引の滝 武庫の浦 淡路島 野島 絵島が磯
交野 住吉 高師の浜 難波 淀川
磐代 妹背の山 玉津島 吹上の浜 和歌の浦 熊野 那智 佐野・狭野
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句