那智

西行
雲消ゆる那智の高嶺に月たけて光をぬける瀧のしら糸

西行
木の本に住みける跡を見つるかな那智の高嶺の花を尋ねて

定家
雲かかるなちの山陰いかならむみぞれはげしき長き夜のやみ

実朝
冬こもり那智のあらしの寒ければ苔の衣のうすくやあるらむ

実朝
み熊野の那智のを山にひくしめのうちはへてのみ落ちる滝かな



三輪崎の輸崎をすぎてたちむかふ那智の檜山の瀧の白木綿


眞熊野の熊野の浦ゆてる月のひかり滿ち渡る那智の瀧山


ひとみなの見まくの欲れる那智山の瀧見るがへに月にあへるかも


このみゆる那智の山邊にいほるとも月の照る夜はつねにあらめやも


ぬばたまの夜の樹群のしげきうへにさゐさゐ落つる那智の白瀧

ここにしてまともにかかる白瀧のすずしきよひの那智山よしも

那智山は山のおもしろいもの葉に月照る庭ゆ瀧見すらくも

なちやまの白瀧みむとこし我にさやにあらむと月は照るらし

眞向ひに月さす那智の白瀧は谷は隔てどさむけくし覺ゆ

あたらしき那智の月かも人と來ばみての後にもかたらはむもの

那智山の瀧のをのへに飽かずみむこよひの月夜明けぬべきかも

やまとにはいひ次ぐ那智の瀧山にいくそ人ぞも月にあひける

晶子
雲の中に 那智の山あり 人かよひ 伐木すなり 春夏秋冬

牧水
末ちさく落ちゆく奈智の大瀧のそのすゑつかたに湧ける霧雲

牧水
まなかひに奈智の大瀧かかれどもこころうつけてよそごとを思ふ

牧水
朝凪の五百重の山の靜けきにかかりて響くその大瀧は

岩代 妹背山 玉津島 吹上げ浜 和歌の浦 熊野 佐野・狭野
伊勢 伊勢神宮 五十鈴川 伊勢の海 鈴鹿 手節の崎 二見の浦
奈良 秋篠 春日野 飛火野 春日山 三笠山 佐保川 佐保山 高円山 手向山 東大寺 唐招提寺 薬師寺 法華寺 畝傍山 香具山 耳成山 初瀬・泊瀬 長谷寺 巻向・纏向 三輪山 飛鳥・明日香 岡寺 橘寺 石舞台古墳 飛鳥川 吉野山 秋津 三船山 法隆寺 三室山 生駒山 竜田川 竜田山 岩瀬の森 片岡 二上山 葛城山 石上布留 真土山・亦打山
和歌と俳句