和歌と俳句

交野

好忠
雉子なく交野の原を過ぎゆけば木の葉も異に色づきにけり

俊頼
ひかげさす とよのあかりの みかりすと 交野の小野に けふもくらしつ

仲実
み狩する 交野のみ野を けさ見れば ひとつ松根に きぎすなくなり

京極関白家肥後
あふことの かたののきぎす つまこひに うべほろほろと たちゐなくらむ

頼政
雁ゆけば 交野のみのに たつ鳥の 羽きはも見えぬ 夕霞かな

新古今集・秋 前参議親隆
鶉なく交野にたてる櫨もみぢ散らぬばかりに秋かせぞ吹く

新古今集・冬 崇徳院御歌
御狩する交野のみ野に降る霰あなかままだき鳥もこそ立て

新古今集・冬 法性寺入道前太政大臣忠通
御狩する鳥だちの原をあさりつつ交野の野邊に今日もくらしつ

新古今集・冬 左近中将公衡
狩りくらし交野の眞柴折りしきて淀の川瀬の月を見るかな

俊成
またや見む交野のみ野のさくらがり花の雪散る春のあけぼの

俊成
みかりする交野の小野に日は暮れぬ草の枕を誰に借らまし

俊成
みかりせし交野の冬やつらからむ春の山路にきぎすなくなり

俊成
逢ふことは交野の里の笹のいほ篠に露ちる夜半の床かな

定家
風をいたみ交野のとだちしたはれて忍ぶかれ葉に霰降るなり

定家

狩人の交野のみゆきうち拂ひとよのあかりにあはむとや思ふ