和歌と俳句

藤原忠通

金葉集・春
吉野山みねの櫻や咲きぬらむ麓の里に匂ふ春風

金葉集・春
限りありて散るだに惜しき山吹をいたくな折りそ井手の川波

金葉集・夏
卯の花の咲かぬ垣根はなけれども名に流れたる玉川の里

金葉集・夏
郭公すがたは水にやどれども聲はうつらぬ物にぞありける

金葉集・夏
水無月の照る日の影はさしながら風のみ秋のけしきなるかな

金葉集・秋
あし根はひかつみもしげき沼水にわりなくやどる夜半のかな

金葉集・恋
あやしくも我がみやま木の燃ゆるかな思ひは人につげてしものを

金葉集・雑歌
山里もうき世の中をはなれねば谷の鶯ねをのみぞ鳴く

金葉集・雑歌
色も香もむなしと説ける法なれば祈るしるしはありとこそ聞け

詞花集・春
咲きしより散りはつるまで見しほどに花のもとにて二十日へにけり

詞花集・冬
くれなゐに見えしこずゑも雪ふれば白木綿かくる神無備の森

詞花集・恋
あやしくもわがみやま木のもゆるかな思ひは人につけてしものを

詞花集・恋
こぬ人をうらみもはてじ契り置きしその言の葉もなさけならずや

詞花集・雑
思ひかね そなたの空を ながむれば ただ山の端に かかる白雲

詞花集・雑小倉百人一首
わたのはら 漕ぎいでてみれば ひさかたの 雲ゐにまがふ 沖つ白波

詞花集・雑
よそになど 佛の道を たづぬらむ わが心こそ しるべなりけれ

千載集
夏ふかみ 玉江に茂る 蘆の葉の そよぐや舟の かよふなるらん

新古今集・秋
風ふけば玉ちる萩の下露にはかなくやどる野辺の月かな

新古今集・冬
さざなみや 志賀の唐崎 風さえて 比良の高嶺に 霰降るなり

新古今集・冬
御狩する鳥だちの原をあさりつつ交野の野邊に今日もくらしつ

続後撰集・春
つのくにの ながらの橋の 跡なれど なほ霞こそ たちわたりけれ