和歌と俳句

藤原為家

新勅撰集・春
たちのこす こずゑも見えず やまざくら はなのあたりに かかるしらくも

新勅撰集・夏
ながきひの もりのしめなは くりかへし あかずかたらふ ほととぎすかな

新勅撰集・秋
をとたてて いまはたふきぬ わがやどの おぎのうは葉の 秋のはつかぜ

新勅撰集・秋
かたをかの もりのこの葉も いろづきぬ わさ田のおしね いまやからまし

新勅撰集・冬
ふゆきては しぐるる雲の たえまだに よものこのはの ふらぬひぞなき

新勅撰集・恋
おくやまの ひかげのつゆの たまかづら ひとこそしらね かけてこふれど

続後撰集・春
あけわたる とやまの 夜の程に 花さきぬらし かかる白雲

続後撰集・春
あだになど 咲きはじめけむ いにしへの 春さへつらき 山桜かな

続後撰集・夏
あまの川 とほきわたりに なりにけり かた野のみ野の さみだれのころ

続後撰集・秋
立田山 よその紅葉の 色にこそ しぐれぬ松の 程も見えけれ

続後撰集・秋
そめもあへず しづるるままに 手向山 もみぢをぬさと 秋風ぞ吹く

続後撰集・神祇
みしめひく 三輪の杉むら ふりにけり これや神代の しるしなるらむ

続後撰集・神祇
老いらくの おやのみる世と 祈りこし わがあらましを 神やうけけむ

続後撰集・恋
あふまでの 恋ぞ命に なりにける 年月ながき ものおもへとて

続後撰集・恋
たのまじな 思ひわびぬる よひよひの こころはゆきて 夢にみゆとも