和歌と俳句

西園寺公経

新古今集・春
高瀬さす六田の淀の柳原みどりもふかくかすむ春かな

新古今集・春
春ふかくたづねいるさの山の端にほの見し雲の色ぞのこれる

新古今集・夏
ほととぎす猶うとまれぬ心かな汝がなく里のよその夕ぐれ

新古今集・夏
露すがる庭のたまざさうち靡きひとむら過ぎぬ夕立の雲

新古今集・秋
星あひの夕べすずしきあまの河もみぢの橋をわたる秋かぜ

新古今集・秋
衣うつみ山のいほのしばしばも知らぬ夢路にむすぶ手枕

新古今集・秋
もみぢ葉をさこそあらしの拂ふらめこの山もとも雨と降るなり

新古今集・恋
恋ひわぶるなみだや空に曇るらむ光もかはるねやの月かげ

新古今集・恋
あはれなる心の闇のゆかりとも見し夜の夢をたれかさだめむ

新古今集・恋
つくづくと思ひあかしのうら千鳥浪の枕になくなくぞ聞く

新勅撰集・春
しらくもの やへやまざくら さきにけり ところもさらぬ はるのあけぼの

新勅撰集・春
うらむべき かたこそなけれ はるかぜの やどりさだめぬ はなのふるさと

新勅撰集・春
しらくもに まがへしはなは あともなし やよひのつきぞ そらにのこれる

新勅撰集・夏
いくちよと いはがきぬまの あやめぐさ ながきためしに けふやひかれん

新勅撰集・秋
荻の葉に ふきとふきぬる あきかぜの なみださそはぬ ゆふぐれぞなき

新勅撰集・秋
かぜさむき 夜半のねざめの とことはに なれてもさびし 衣うつこゑ

新勅撰集・秋
あきのいろの うつろひゆくを かぎりとて そでにしぐれの ふらぬひはなし

新勅撰集・秋
あすよりの なごりをなにに かこたまし あひもおもはぬ あきのわかれぢ

新勅撰集・冬
つま木こる やまぢもいまや たえぬらん さとだにふかき けさのしらゆき

新勅撰集・賀
はるはまづ 子の日のまつに あらずとも ためしにわれを ひとやひくべき

新勅撰集・賀
名にしおはば しくやみぎはの たまやなぎ いりえののなみに みふねこぐまで

新勅撰集・賀
あきをへて きみがよはひの ありかずに かり田のいねも ちづかつむなり

新勅撰集・賀
ちよふべき なにはのあしの よをかさね しものふりはの つるのけごろも

新勅撰集・羈旅
たびごろも たつあかつきの とりのねに つゆよりさきも そではぬれけり

新勅撰集・恋
ふじのねの そらにやいまは まがへまし わがみにけたぬ むなしけぶりを

新勅撰集・恋
まちわびて みとせもすぐる とこのうへに なほかはらぬは なみだなりけり

新勅撰集・恋
いはみがた ひとのこころは おもふにも よらぬたまもの みだれかねつつ

新勅撰集・恋
あふまでと くさをふゆのに ふみからし ゆききのみちの はてをしらばや

新勅撰集・恋
わするなよ きえばともにと いひおきし すゑののくさに むすぶしらつゆ

新勅撰集・恋
萩のうへの かりのなみだを かこつとも こひにいろこき そでやみゆらん

新勅撰集・恋
もみぢせぬ やまにもいろや あらはれん しぐれにまさる こひのなみだに

新勅撰集・雑歌
やまざくら みねにもをにも うゑおかん 見ぬよのはるを 人やしのぶと

新勅撰集・雑歌
はなさそふ あらしのにはの ゆきならで ふりくるものは わが身なりけり

新勅撰集・雑歌
ながめつる 身にだにかはる よのなかに いかでむかしの 月はすむらん

新勅撰集・雑歌
はやせがは わたるふなびと かげをだに とどめぬみづの あはれよのなか

新勅撰集・雑歌
あはれなど またみるかげの なかるらん くもがくれても 月はいでけり

新勅撰集・雑歌
はるは花 ふゆは雪とて しらくもの たえずたなびく みよしののやま

新勅撰集・雑歌
したばまで こころのままに そめてけり しぐれにあける 神なびのもり

新勅撰集・雑歌
はるあきの くもゐのかりも とどまらず たがたまづさの もじのせきもり

新勅撰集・雑歌
わたのはら なみとひとつに みくまのの はまのみなみは やまのはもなし

続後撰集・春
たちそむる かすみのころも うすけれど 春きてみゆる 四方の山の端

続後撰集・春
春風の たつたの岸の 柳かげ 流れもやらぬ なみの下草

続後撰集・春
かつらぎや 花ふきわたす 春風に とだえも見えぬ 久米の岩橋

続後撰集・春
ながめこし むかしをとほく 思ふにも ふりゆく花の 色ぞしらるる

続後撰集・春
踏めば惜し 踏までは人も 訪ひがたみ 風ふきわけよ 花の白雪

続後撰集・秋
あまの河 雲の澪ゆく 月影を せき入れてうつす やどの池水

続後撰集・冬
おもへども かひなきみづの 渡し守 おくりむかふる 年の暮かな

続後撰集・神祇
いかばかり くもりなきよを 照すらむ 名にあらはるる 月読の杜

続後撰集・恋
まどろまぬ わが身のほかの 夢にだに 見るとしきかば 猶も頼まむ

続後撰集・恋
みてもまた われやゆきけむ とばかりに 今朝恋ひわたる 夢のうきはし