和歌と俳句

殷富門院大輔

千載集・恋
思ふこと忍ぶにいとど添ふものは數ならぬ身の歎きなりけり

千載集・恋小倉百人一首
見せばやな雄島の海人の袖だにも濡れにぞ濡れし色は変らず

千載集・恋
変りゆくけしきを見ても生ける身の命をあだに思ひけるかな

千載集・恋
なほざりの空頼めとて待ちし夜のくるしかりしぞいなは恋しき

千載集・雑歌
つくづくと思へばかなしあかつきの寝覚めも夢を見るにぞありける

新古今集・春
春風のかすみ吹きとくたえまよりみだれてなびく青柳のいと

新古今集・春
花もまたわかれむ春は思ひいでよ咲き散るたびの心づくしを

新古今集・秋
ながめつつ思ふに濡るる袂かないくよかは見む秋の夜の月

新古今集・冬
我がかどの刈田のおもにふす鴫の床あらはなる冬の夜の月

新古今集・哀傷
秋深き寝覚めにいかがおもひ出づるはかなく見えし春の夜の夢

新古今集・恋
洩らさばやおもふ心をさてのみはえぞやましろの伊手の柵

新古今集・恋
明日知らぬ命をぞ思ふおのづからあらば逢ふ世を待つにつけても

新古今集・恋
何か厭ふよも長らへじさのみやは憂きに堪へたる命なるべき

新古今集・恋
忘れなば生けらむ物かと思ひしにそれも叶はぬこの世なりけり

新古今集・雑歌
かざしをる三輪のしげ山かきわけて哀れとぞ思ふ杉立てる門

新勅撰集・春
たれとなく とはぬぞつらき むめのはな あたらにほひを ひとりながめて

新勅撰集・春
さくらばな ちるをあはれと いひいひて いづれのはるに あはじとすらん

新勅撰集・秋
かささぎの よりはのはしを よそながら まちわたる夜に なりにけるかな

新勅撰集・冬
そらさむみ こぼれておつる しらたまの ゆらぐほどなき しもがれの庭

新勅撰集・釈経
身をすつる ころもかけける たけのはの そよいかばかり かなしかりけん

新勅撰集・恋
うちしのび おつるなみだの しらたまの もれこぼれても ちりぬべきかな

新勅撰集・恋
あひみても さらぬわかれの あるものを つれなしとても なになげくらん

新勅撰集・恋
まだこえぬ あふさかやまの いはしみづ むすばぬそでを しぼるものかは

新勅撰集・恋
うかりける よさのうらなみ かけてのみ おもふにぬるる そでをみせばや

新勅撰集・恋
まつひとは たれとねまちの 月かげを かたぶくまでに われながむらん

新勅撰集・恋
いかにせん いまひとたびの あふことを ゆめにだに見て ねざめずもがな

新勅撰集・雑歌
いのちありて あひみむことも さだめなく おもひしはるに なりにけるかな

新勅撰集・雑歌
いまはとて 見ざらむあきの そらまでも おもへばかなし 夜半の月かげ

新勅撰集・雑歌
ほのかにも かきねのむめの にほふかな となりをしめて はるはきにけり

続後撰集・夏
いたづらに 老にけるかな あはれわが 友とはしるや 森の下草

続後撰集・秋
たぐひなく 心ほそしや ゆく秋の すこし残れる ありあけの月

続後撰集・恋
難波女が こやにをりたく しをれ葦の しのびにもゆる ものをこそ思へ

続後撰集・恋
水まさる たかせのよどの まこも草 はつかにみても ぬるる袖かな

続後撰集・恋
たのみける わが心こそ はかなけれ 人をあだには 何おもふらむ