和歌と俳句

源師時

いかになく やこゑの鳥の ひとこゑに 年に年をば そふるなるらむ

ねのひすと よろづのひとに ひきつれば ちとせをのべの こまつなりけり

春霞 たちわたりつつ 甲斐がねの さやにも見えぬ あさぼらけかな

いつしかと 谷のうぐひす なくなるは 山より越ゆる 春のしるしか

老いせずと 聞きし若菜の 名にめでて 誰かは摘まぬ 春の野毎に

梅の花 にほふかきねの やどもりは 人よりさきに 春をこそ知れ

よもやまの はなの錦を 縫ひにとや ここらよるらむ 青柳の糸

雨ふれど なほ萌えまさる 早蕨や はるの焼野の しるしなるらむ

春風に かすみのころも ほころびて ぬひさへみゆる 山桜かな

雨ふれば 袂にいろや うつるとて 花のしづくに そぼちぬるかな

あづさゆみ はるの沢辺の はなれ駒 やがて荒れのみ まさるころかな

かへるらむ ゆくへもしらず 雁がねの 雲の通ひ路 かすみこめつつ

ひとかげも せぬものゆゑに よふこ鳥 何とかかみの 山になくらむ

けふこそは あれたの沢に 根芹つめ 苗代水を まかせがてらに

草枕 旅寝しつつぞ ひとり摘む 伏見の野辺に おふる菫を

むらさきの いろにぞ見ゆる かきつばた 池のぬなはの はひかかりつつ

年ふれど 老いせぬ松の こずゑより さかりとみゆる 藤の花かな

たまのゐに 咲けるをみれは 山吹の 花こそ春の さかりなりけれ

さくら花 やまぢも見えず 散りにけり これより春は 暮れゆくかとよ