和歌と俳句

後鳥羽院

新古今集・春
ほのぼのと 春こそ空に 来にけらし 天の香具山 かすみたなびく

新古今集・春
の 鳴けどもいまだ 降る雪に 杉の葉しろき あふさかの関

新古今集・春
見わたせば 山もとかすむ 水無瀬川 ゆふべは秋と なにおもひけむ

新古今集・春
さくら咲く 遠山鳥の しだり尾の ながながし日も あかぬ色かな

新古今集・春
みよし野の 高嶺のさくら 散りにけり 嵐もしろき 春のあけぼの

新古今集・春
今日だにも 庭を盛りと うつる花 消えずばありとも 雪かとも見よ

新古今集・夏
山里の みねのあまぐも とだえして ゆふべ涼しき まきのした露

新古今集・秋
秋の露や たもとにいたく 結ぶらむ 長き夜飽かず やどる月かな

新古今集・秋
露は袖に ものおもふころは さぞな置く かならず秋の ならひならねど

新古今集・秋
野原より 露のゆかりを たづね来て わが衣手に 秋風ぞ吹く

新古今集・秋
さびしさは み山の秋の 朝ぐもり 霧にしをるる まきの下露

新古今集・秋
秋ふけぬ 鳴けや霜夜の きりぎりす やや影さむし よもぎふの月

新古今集・秋
鈴鹿川 ふかき木の葉に 日かず経て 山田の原の 時雨をぞ聞く

新古今集・冬
深緑 あらそひかねて いかならむ 間なくしぐれの ふるの神杉

新古今集・冬
橋姫の かたしき衣 さむしろに 待つ夜むなしき 宇治のあけぼの

新古今集・冬
このごろは 花も紅葉も 枝になし しばしな消えそ 松の白雪

新古今集・哀傷
思ひ出づる 折りたく柴の 夕煙 むせぶもうれし 忘れがたみに

新古今集・哀傷
亡き人の かたみの雲や しぐるらむ ゆふべの雨に いろは見えねど

新古今集・羇旅
見るままに 山風あらく しぐるめり 都もいまは 夜寒なるらむ

新古今集・雑歌
奥山の おどろが下も 踏みわけて 道ある世ぞと 人に知らせむ

新古今集・神祇
ながめばや 神路の山に 雲消えて ゆふべの空を 出でむ月かげ

新古今集・神祇
神風や とよみてぐらに 靡くしで かけてあふぐと いふも畏し

新古今集・神祇
岩にむす 苔ふみならす み熊野の 山のかひある 行く末もがな

新古今集・神祇
熊野川 くだす早瀬の みなれ棹 さすが見なれぬ 浪のかよひ路

新古今集・神祇
契あれば うれしきかかる 折に逢ひぬ 忘るな神も 行く末の空

続後撰集・春
しがらきの とやまの空は かすめども みねのゆきげは なほや冴ゆらむ

続後撰集・春
みわたせば なだのしほやの 夕暮に かすみによする おきつ白波

続後撰集・春
かすみたち このめはるさめ ふるさとの 吉野の花も いまや咲くらむ

続後撰集・春
あたら夜の まやのあまりに ながむれば まくらにくもる ありあけの月

続後撰集・春
ここのへの 花は老木に なりにけり なれこし春は きのふと思ふ

続後撰集・春
かはづなく あかたのゐどに 春くれて 散りやしぬらむ 山吹の花

続後撰集・夏
くれかかる 山田の早苗 雨すぎて とりあへずなく ほととぎすかな

続後撰集・夏
夏山の しげみにはへる 青つづら くるしや憂き世 わが身ひとつに

続後撰集・秋
このねぬる 朝けの風の をとめ子が 袖ふる山に 秋やきぬらむ

続後撰集・秋
日影さす をかべの松の 秋風に 夕ぐれかけて 鹿ぞ鳴くなる

続後撰集・秋
あさひいでて 空よりはるる 河霧の たえまにみゆる をちの山もと

続後撰集・秋建保二年、秋
しきしまや 高円山の 秋風に 雲なき峰を いづる月かげ

続後撰集・秋建保四年百首歌めしけるついでに
ひさかたの 月影きよし あまのはら くもゐをわたる 夜半の秋風

続後撰集・秋
秋の田の しのにおしなみ 吹く風に 月もてみがく 露のしらたま

続後撰集・秋
置く露の あたの大野の 真葛原 うらみかほなる 松虫のこゑ

続後撰集・秋
雲ゐとぶ 雁のは風に 月さえて 鳥羽田の里に 衣うつなり

続後撰集・冬
色かはる ははその梢 いかならむ いはたの小野に 時雨ふるなり

続後撰集・冬
冬山の 雪ふきしをる 木枯らしに かたもさだめぬ あかつきの鐘