和歌と俳句

壬生忠見

拾遺集・春
春くれば まづぞうち見る いその神 めづらしげなき 山田なれども

拾遺集・夏
さ夜ふけてねざめざりせば郭公人づてにこそきくべかりけれ

拾遺集・夏
いづ方になきてゆくらむ郭公よどのわたりのまだ夜深きに

拾遺集・夏
しげるごと真菰の生ふるよどのには露のやどりを人ぞかりける

拾遺集・冬
年ふれば越の白山おいにけりおほくの冬の雪つもりつつ

拾遺集・別離
露にだにあてじと思ひし人しもぞ時雨ふるころ旅にゆきける

拾遺集・雑歌
をのへなる松のこずゑは打ちなびき浪の声にぞ風もふきける

拾遺集・雑歌
難波潟しげりあへるは君がよにあしかるわざをせねばなるべし

拾遺集・雑歌
みやこにはすみわびはてて津の国の住吉ときく里にこそゆけ

拾遺集・恋小倉百人一首
こひすてふわが名はまたき立ちにけり人しれずこそ思ひそめしか

拾遺集・恋
夢のごとなどか夜しも君を見む暮るる待つ間も定めなきよを

拾遺集・雑春
もろともに我しをらねば桜花思ひやりてや春をくらさん

拾遺集・雑秋
吹く風にちる物ならは菊の花くもゐなりとも色は見てまし

拾遺集・雑秋
秋ごとに刈りつる稲は積みつれど老いにける身ぞおき所なき

金葉集・夏
夏草のなかを露けみかきわけて刈る人なしに茂る野邊かな

新古今集・春
春日野の草はみどりになりにけり若菜摘まむと誰かしめけむ

新古今集・春
焼かずとも草はもえなむ春日野をただ春の日に任せせたらなむ

新古今集・夏
いづちとかよるはののぼるらむ行く方知らぬ草のまくらに

新古今集・雑歌
秋風の関吹き越ゆるたびごとに聲うち添ふる須磨の浦なみ

新古今集・雑歌
言の葉のなかをなくなく尋ぬれば昔の人に逢ひ見つるかな

続後撰集・春
あさみどり 春はきぬとや みよしのの 山の霞の 色にみゆらん

続後撰集・秋
はるかなる こゑばかりして きりぎりす ねなくに秋の 夜をあかしつる

続後撰集・恋
人しれず わたしそめけむ 橋なれや 思ひながらに たえにけるかな