和歌と俳句

源国信

千載集
三室山 谷にや春の 立ちぬらむ 雪の下水 岩たたくなり

おひそむる はつねの松を ひきつれば けふこそ千代の 初めなりけれ

おしなべて 春の霞の 立つときは 鏡の山も くもるなりけり

いつしかと こと里人に こととはむ はつうぐひすの こゑはきくやと

いくばくの いへづともなき 若菜ゆゑ 野辺にたちいでて 日をくらすかな

春日野の したもえわたる 草の上に つれなくみゆる 春のあはゆき

つつらおふる かきねの梅を しるべにて たづねてぞくる 春の山里

春風に しだり柳の かたよりに 君になびけは 国ぞさかえむ

春の野を ことありかほに かへせども うてるは たはねだになし

花咲けば 峰にや隔つ 白雲の 晴るるたえまや 散れるなるらむ

ふりかかる しづくに花や たぐふらむ うしろめたなき よはの雨かな

わがものと しめ野に飼ひし 春駒の 手にもかからず 荒れまさるかな

春ごとに うはの空なる 心もて ものわすれせず 帰る雁がね

たちかへる みちもはるけし よぶこ鳥 ことありかほに 人な咎めそ

しづのをが 苗代かきを あせおきて 今ぞたなゐに たねをかすめる

こよひ寝で 摘みてかへらむ すみれさく 小野のしばふは 露しげくとも

花はよし なぞかひもなき かきつばた 春の関とし なるときかねば

うちなびく 風のけしきは のどけきに 松のうらはに かかる藤浪

いはねこす 清滝川の はやければ 波おりかくる 岸の山吹

あさましや 日数ゆくとも おもほえで 春のこよひに なりにけるかな