蕨 わらび

志貴皇子
石走る垂水の上の早蕨の萌え出づる春になりのけるかも

好忠
蕨おふる矢田の廣野にうち群れており暮しつつ帰る里人

好忠
立ちながら花見暮すも同じこと折りて帰らむ野べの早蕨

源氏物語・椎が本
君が折る峰のわらびと見ましかば知られやせまし春のしるしも

源氏物語・早蕨
君にとてあまたの年をつみしかば常を忘れぬ初蕨なり

源氏物語・早蕨
この春はたれにか見せんなき人のかたみに摘める峰のさわらび

基俊
み山木のかげ野の下のした蕨もえいづれども知る人もなし

俊成
なげかめやをどろの道のした蕨跡をたづぬる折にしありせば

俊成
早蕨は今はをりにもなりぬらん垂水の氷いはそそくなり

西行
なほざりに燒き捨てし野のさ蕨は折る人なくてほどろとやなる

定家
霞たつみねの早蕨こればかりをりしり顔のやどもはかなし

定家
谷せばみさかしき岩の下蕨いかに折るべきかけぢなるらむ

定家
山里のまがきの春のほどなきにわらびばかりや折は知るらむ

定家
いはそそぐ清水も春のこゑたててうちやいでつる谷の早蕨

定家
蕨をるおなじ山路の行きずりに春のみやすむ岩のもとかな

俊成
炭竃の煙になるる小野山は春の蕨もまづや萌ゆらむ

定家
霞立つ峯の早蕨こればかりをり知り顔の宿もはかなし

狗背の塵にえらるるわらびかな 嵐雪

ちる花に握る手を出す蕨哉 土芳

築山は人の手つたふわらびかな 千代女

わらび野やいざ物焚ん枯つゝじ 蕪村

折もてる蕨しほれて暮遅し 蕪村

野の河や蕨さはしてひたしもの 召波

負ふた子に蕨をりては持せける 暁台

早蕨や一日路ならつくばやま 白雄

奉る花に手ならぬわらびかな 太祇

蕨採て筧にあらふひとりかな 太祇

土を出て市に二寸のわらび哉 几董

鎌倉の見える山也蕨とる 一茶

三月 如月 雛祭り 春の雪 春雷 啓蟄 東風 春めく 春の山 水温む 春の水 田螺 涅槃 帰る雁 彼岸 彼岸桜 暖か 雲雀 春の雨 春泥 木の芽 椿 接木 卒業 陽炎 土筆 蒲公英 紫雲英 苜蓿 薺の花 虎杖 春蘭
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内