白酒

或夜夢に雛娶りけり白い酒 漱石

白酒やもらひためたる小盃 鬼城

白酒や玉の杯一つづつ 鬼城

白酒をおしみてわかつ瓶子かな 泊雲

白酒に羽織重ねても孤りかな 石鼎

われを刺す眦に在り濃白酒 石鼎

白酒の酔のほめきに灯りたる 草城

今は酔ひて耳の遠さよお白酒 青畝

白酒の酔ほのめきぬ長睫毛 風生

白酒やなでてぬぐひし注零し 青畝

白酒や蘇鉄の月に女来る 月二郎

白酒のちよこをなめつゝ酔ひしかな かな女

白酒や玻璃さかづきの花模様 悌二郎

京言葉大阪言葉濃白酒 たかし

吾子の眼のすなはち楽しお白酒 汀女

白酒の紐の如くにつがれけり 虚子

紅唇に触るる朱盃や濃白酒 たかし

処女みな情濃かれと濃白酒 たかし

三月 如月 雛祭り 白酒 春の雪 春雷 啓蟄 東風 春めく 春の山 水温む 春の水 田螺 涅槃 帰る雁 彼岸 彼岸桜 暖か 雲雀 春の雨 春泥 木の芽 椿 接木 卒業 陽炎 土筆 蒲公英 紫雲英 薺の花 虎杖 春蘭
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内