春の水

立鴈のあしもとよりぞ春の水 蕪村

橋なくて日暮んとする春の水 蕪村

流れ来て清水も春の水に入 蕪村

小舟にて僧都送るや春の水 蕪村

湖や堅田わたりを春の水 蕪村

春の水すみれつばなをぬらし行 蕪村

流れ来て池をもどるや春の水 蕪村

足よはのわたりて濁る春の水 蕪村

里人よ八橋つくれ春の水 蕪村

春の水うたた鵜縄のけいこ哉 蕪村

春水や四条五条の橋の下 蕪村

しづかさや爾の後なる春の水 召波

まなをほとりの友や春の水 召波

鳥の羽を見れば行なりはるの水 暁台

春の水東寺の西にみる日かな 暁台

春の水藻臥の蜷も得たりけり 白雄

人おとにこけ込亀や春の水 太祇

さす棹の拳にのるや春の水 几董

野も山も冬のまゝじやに春の水 几董

すゞりにも茶にもうれしや春の水 青蘿

芹川のあたりは深し春の水 青蘿

家形につきのさしけり春の水 一茶

三月 如月 雛祭り 春の雪 春雷 啓蟄 東風 春めく 春の山 水温む 春の水 田螺 涅槃 帰る雁 彼岸 彼岸桜 暖か 雲雀 春の雨 春泥 木の芽 椿 接木 卒業 土筆 蒲公英 紫雲英 薺の花 虎杖 春蘭
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図