和歌と俳句

春の水

春の水石をめぐりて流れけり 子規

上京や友禅洗ふ春の水 碧梧桐

木屋町や裏を流るる春の水 碧梧桐

うねうねと心安さよ春の水 漱石

都府楼の瓦硯洗ふや春の水 漱石

むくむくと砂の中より春の水 漱石

白き砂吹ては沈む春の水 漱石

梓弓岩を砕けば春の水 漱石

山城や乾にあたり春の水 漱石

ひたひたと藻草刈るなり春の水 漱石

湧くからに流るるからに春の水 漱石

一桶の春水流す魚の棚 水巴

晶子
絵日傘を かなたの岸の 草になげ わたる小川よ 春の水ぬるき

晶子
瀬田いでて宇治に流るる春のみづ柳ながうて京の子みえぬ

利玄
物かげに怖ぢし目高のにげさまにささ濁りする春の水哉

下総の国の低さよ春の水 子規

春の水弁天堂を浮めけり 虚子

坂の茶屋前ほとばしる春の水 虚子

晶子
天竺の流沙にゆくや春の水浪華の街を西すみなみす

晶子
春の水ながるる音をそら耳す西の都のこひしき夜半に

春の水古柴網にかゝりけり 碧梧桐

構へたる並松もあり春の水 碧梧桐

春の水たむるはづなを濡しけり 漱石

ひたすらに石を除くれば春の水 漱石

舟行百里と碑林の記にも春の水 碧梧桐

晶子
春の水あふるる音を何よりも悲しとおもふ我に似たれば

一つ根に離れ浮く葉や春の水 虚子

薪水のいとまの釣や春の水 蛇笏

春水や草をひたして一二寸 漱石

魚の影底にしばしば春の水 漱石

藪枯れし岸を浸すや春の水 石鼎

晶子
春の水君に馴れたる心ともわが思ひとも見ゆる夕ぐれ

春水や矗々として菖蒲の芽 虚子

石わたる鶴危さや春の水 龍之介

道急になれば春水迸る 虚子

春水や河に注ぎて濁る溝 風生

春の水何が落ちても水輪かな 喜舟

皿の繪の漂ひ浮み春の水 虚子

春水にふるへうつれる杭ぜかな 淡路女

春水や毛氈かへて詣で舟 秋櫻子