和歌と俳句

芥川龍之介

夜桜や新内待てば散りかかる

遠火事の覚束なさや花曇り

白木蓮に声を呑んだる雀かな

この頃や戯作三昧花曇り

残雪や墓をめぐれば竜の髯

水朧ながら落花を浮べけり

春返る竹山ならん微茫たる

大風の障子閉しぬ桜餅

陽炎にもみ消されたる蝶々かな

菩薩名は心王と申す春の風

風光る杉山かひに村ひとつ

ちりたまる花に起るや夕つむじ

咲くや日もうらうらと奈良の町

抜き残す赤蕪いくつ余寒

石わたる鶴危さや春の水

三月や大竹原の風曇り

川上や煙り居る草の村

曇天の水動かずよの中

古草にうす日たゆたふ土筆かな

吹かるるや塚の上なるつぼ菫

咲くや日影煙れる草の中

桃咲くや泥亀今日も眠りけり

春の夜や小暗き風呂に沈み居る

昼見ゆる星うらうらと霞かな

花散るや寒暖計は静なる