菜の花

菜の花や一本さきし松の下 宗因

菜の花や淀もも忘れ水 言水

尼寺よ只菜の花の散径 言水

山吹の露菜の花のかこち顔なるや 芭蕉

菜畑に花見顔なる雀かな 芭蕉

菜の花や揚ゆく駕の片簾 也有

菜の花や和泉河内へ小商 蕪村

菜の花や壬生の隠家誰々ぞ 蕪村

菜の花や遠山どりの尾上まで 蕪村

菜の花や油乏しき小家がち 蕪村

なのはなや魔爺を下れば日のくるゝ 蕪村

菜の花や月は東に日は西に 蕪村

なの花や昼一しきり海の音 蕪村

菜の華や法師が宿を訪はで過し 蕪村

なのはなや笋見ゆる小風呂敷 蕪村

菜の花や鯨もよらず海暮ぬ 蕪村

菜の花やみな出はらひし矢走船 蕪村

なの花や盃持て畔うつり 暁台

菜の花やよし野下来る向ふ山 太祇

菜の花や雲たち隔つ雨の山 几董

菜の花の紀路見越すや山のきれ 几董

菜のはなを見て来て休む野寺哉 青蘿

菜の花や行抜ゆるす山の門 一茶

なの花に四つのなる迄朝茶哉 一茶

なの花にうしろ下りの住居哉 一茶

なく蛙溝の菜の花咲にけり 一茶

なの花のとつぱづれ也ふじの山 一茶

かるた程門のなの花咲にけり 一茶

なの花も猫の通ひぢ吹とぢよ 一茶

菜の花や垣根にはさむわらじ銭 一茶

菜の花やかすみの裾に少づつ 一茶

なの花の中を浅間のけぶり哉 一茶

春の日 日永 麗らか 長閑 初桜 入学 草餅 桜餅 桃の花 梨の花 沈丁花 辛夷 木蓮 連翹 朧月 花の雲 花見 汐干 桜貝 仏生会 花御堂 甘茶 菜の花 春の風 雀の子 山吹 海棠 馬酔木の花 茶摘み 躑躅 石楠花 行く春 暮春 春惜しむ
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内