和歌と俳句

與謝蕪村

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

兀山や何にかくれてきじのこゑ

春雨や小磯の小貝ぬるるほど

雛見世の灯を引ころや春の雨

春雨や人住みてけぶり壁を洩る

糸桜灯孤の書院かな

むくと起て追ふ犬や宝でら

雛祭る都はづれや桃の月

拾ひのこす田螺も月の夕かな

ことさらに唐人屋敷初霞

高麗舟のよらで過ぎゆくかな

立鴈のあしもとよりぞ春の水

きのふ去にけふいに鴈のなき夜哉

花の幕兼好を覗く女あり

花ちりて木間の寺と成にけり

苗代鞍馬の桜ちりにけり

山姥の遊びのこして遅桜

風声の下り居の君や遅桜

菜の花や和泉河内へ小商

菜の花や壬生の隠家誰々ぞ

山鳥の尾をふむ春の入日哉

いかのぼりきのふのそらのありどころ

不二颪十三州のやなぎかな

永き日を云はでくるゝや壬生念仏

くれかぬる日や山鳥のおとしざし

長き日をましろに咲ぬなしの花