和歌と俳句

與謝蕪村

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

鶯の麁相がましき初音かな

萬歳や踏かためたる京の土

出る杭をうたうとしたりやかな

風鳥のくらひこぼしや梅のかぜ

独鈷鎌首水かけ論のかはづかな

行く雲を見つつ居直る

うすぎぬに君が朧や峨眉の月

薬盗む女やは有おぼろ月

罷出たものは物ぐさ太郎月

手ごたへの雲に花あり弓はじめ

三椀の雑煮かゆるや長者ぶり

日の光今朝や鰯のかしらより

うぐひすの賢過たる軒の梅

女倶して内裏拝まんおぼろ月

おぼろ月大河をのぼる御舟かな

櫻ちる苗代水や星月夜

柳にもやどり木は有柳下恵

一羽来て寐る鳥は何梅の月

これきりに径尽たりの中

しのゝめに小雨降出す焼野哉

居りたる舟を上ればすみれ

わらび野やいざ物焚ん枯つゝじ

野とともに焼る地蔵のしきみ哉

岩に腰我頼光のつゝじ

喰ふて寝て牛のならばや桃花