苗代

金葉集 藤原隆資
山里の外面の小田の苗代に岩間の水をせかぬ日ぞなき

俊成
わびぬともひきはありかじ山水のあるにまかせむ小田の苗代

俊成
櫻さく麓の小田の苗代はたねよりさきに花ぞ散りける

西行
苗代の水を霞はたなびきて打樋のうへに掛くるなりけり

西行
引き引きに苗代水を分けやらで豊かに流す末を通さむ

定家
かたがたにまかする小田の苗代の水にさかるる春のやま道

定家
来なれたる駒にまかせむ苗代の水にやまぢはひきかへてけり

俊成
しづがせく苗代水の流れまで難波わたりは心ありけり

俊成
花の散る山川堰ける苗代にしづが心も満つべかりけり

俊成
うらやまし苗代水を堰くしづも心のほどはまかせこそすれ

新古今集 勝命法師
雨ふれば小田のますらをいとまあれや苗代水を空にまかせて

水澄で籾の芽青し苗代田 支考

苗しろを見て居る森の烏かな 支考

苗代の水にちりうくさくらかな 許六

苗代や鞍馬の櫻散りにけり 蕪村

櫻ちる苗代水や星月夜 蕪村

宵月や苗代水の細き音 召波

松遠し苗代水に日の当る 召波

苗代や日あらで又も通る路 太祇

春の日 日永 麗らか 初桜 入学 草餅 桜餅 桃の花 梨の花 沈丁花 辛夷 木蓮 連翹 朧月 蝌蚪 山桜 花の雲 花曇 花見 遅桜 春の海 春の潮 櫻鯛 汐干 桜貝 金鳳花 桜草 ヒヤシンス 仏生会 花御堂 甘茶 菜の花 春の風 囀り 鳥の巣 雀の子 山吹 海棠 馬酔木の花 松の花 苗代 茶摘み 躑躅 石楠花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内