花御堂

蚊屋つりの草もさげてや花御堂 千代女

つばくらもみづからでなし花御堂 千代女

蝶々も来て乳を吸ふや花御堂 也有

花御堂月も上らせ給ひけり 一茶

つつじ多き田舎の寺や花御堂 子規

山寺や人も詣らぬ花御堂 虚子

茂吉
み佛の御堂に垂るる藤なみの花のむらさき未だともしも

堂しづくいちいち見えて花御堂 蛇笏

かしこみて尼僧あはれや花御堂 蛇笏

なつかしく子につきめぐる花御堂 夜半

うかがひて杓さし入れる花御堂 たかし

葺きまつる芽杉かんばし花御堂 久女

ある寺の障子ほそめに花御堂 素十

僧とゐてまのあたりなり花御堂 素十

傘さして花の御堂の軒やどり 素十

花御堂花重なりて匂ひけり 

花御堂もろびと散りて暮れ給ふ 草城

本堂に誰も居らざる花御堂 悌二郎

西山の寺といふ寺花御堂 青畝

寺町に尼寺一つ花御堂 たかし

尼寺の畳の上の花御堂 たかし

春の日 日永 遅日 麗らか 長閑 初桜 入学 草餅 桜餅 桃の花 梨の花 沈丁花 辛夷 木蓮 連翹 春暁 春昼 春の夕 春の暮 春の宵 春の夜 春の月 朧月 蝌蚪 花の雲 花曇 花見 春の海 春の潮 桜鯛 汐干 桜貝 仏生会 花御堂 甘茶 菜の花 春の風 雀の子 山吹 海棠 馬酔木の花 茶摘み 躑躅 石楠花 行く春 暮春 春惜しむ
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内