木瓜の花

初旅や木瓜もうれしき物の数 子規

蹴爪づく富士の裾野や木瓜の花 漱石

木瓜咲くや漱石拙を守るべく 漱石

木瓜咲くや筮竹の音算木の音 漱石

寺町や土塀の隙の木瓜の花 漱石

膚脱いで髪すく庭や木瓜の花 虚子


槲木の枯葉ながらに立つ庭に繩もてゆひし木瓜あからみぬ


木瓜の木のくれなゐうすく茂れれば雨は日毎にふりつづきけり

如意の銘彫る僧に木瓜の盛哉 漱石

利玄
照りとどまる春の日輪庭の奥に緋木瓜の花が熱に倦める

岨道を牛の高荷や木瓜の花 鬼城

雨戸あけたので目がさめ木瓜咲き 碧梧桐

木瓜が活けてある草臥を口にす 碧梧桐

一と叢の木瓜さきいでし葎かな 蛇笏

焼けあとや日雨に木瓜の咲きいでし 蛇笏

木瓜さくや遠く雑木とうちまじり 万太郎

木瓜咲くや日南好みて縁に縫ふ 淡路女

花木瓜や土をおろがむ仏達 かな女

をりもちて木瓜ちりつづくみづ枝かな 蛇笏

花ふゝむ木瓜にひかりて雨ほそし 悌二郎

近づけば大きな木瓜の花となる 立子

口ごたへすまじと思ふ木瓜の花 立子

枝移りゆく四十雀木瓜紅し 立子

花咲いてすずろに木瓜の雫かな 蛇笏

日のぬくみ吸うて真つ赤に木瓜の花 淡路女

白木瓜に翳料峭と推古佛 蛇笏

黄いろなる真赤なるこの木瓜の雨 虚子

細き幹伝ひ流るる木瓜の雨 虚子

木瓜の朱いづこにかあり書を読む 青邨

木瓜赤く焼山に陽のかぎろはず 鷹女

花よりも水くれなゐに井手の木瓜 蛇笏

焼け塚に木瓜さく土のなだれけり 蛇笏

朱の木瓜に白も咲くゆゑ麗なり 秋櫻子

焼け塚に木瓜さく土のなだれけり 蛇笏

木瓜の朱にこころかたむききれぬかな 楸邨

大雨降り大雨すぎて木瓜ひらく 秋櫻子

石棺に木瓜咲き添へば去り難し 秋櫻子

木瓜の朱は匂ひ石棺の朱は失せぬ 秋櫻子

浮雲の影あまた過ぎ木瓜ひらく 秋櫻子

木瓜紅く田舎の午後のつづくなる 多佳子

つれづれに夕餉待たるる木瓜の花 草城

木瓜の花紅し物慾断ちがたし 草城

木瓜咲くや歯と飯茶碗欠けもせで 不死男

木瓜咲けりその色飛びし赤絵かも 秋櫻子

枝勁くはねて木瓜咲く李朝壺 秋櫻子

赤き木瓜揺れをはり我揺れゐたり 楸邨

降りつつむ雨の明るし更紗木瓜 秋櫻子

春の日 日永 遅日 春の空 麗か 初桜 入学 草餅 桜餅 桃の花 梨の花 沈丁花 辛夷 木蓮 連翹 木瓜の花 春暁 花の雲 花見 遅桜 春の海 春の潮 桜鯛 汐干 桜貝 仏生会 花御堂 甘茶 菜の花 春の風 雀の子 山吹 海棠 馬酔木の花 茶摘み 躑躅 石楠花 行く春 暮春 春惜しむ
お得区案内図