和歌と俳句

飯田蛇笏

前のページ<< >>次のページ

人の國の牛馬淋しや秋の風

秋風や野に一塊の妙義山

提灯を稲城にかけしきぬたかな

砧一つ小夜中山の月夜かな

大峰の月に帰るや夜学人

水軍に焼かるる城やの秋

鳴くや秋ただなかの読書の灯

山陵の松はさびしきすすきかな

治承このかた平家ぞをしむ花すすき

雁を射て湖舟に焼くや蘭の秋

山僧に遅き月日や鶏頭花

羅漢寺の鐘楼の草の鶏頭かな

今年また庵のその生や鶏頭花

ともしびと相澄む月のばせをかな

道芝を吹いて駄馬ゆく今朝の冬

春隣る嵐ひそめり杣の爐火

冬の日のこの土太古の匂ひかな

蕎麦をうつ母に明うす榾火かな

磧ゆくわれに霜夜の神楽かな

月低く御船をめぐるちどりかな

大江戸の街は錦や草枯るる

山晴れをふるへる斧や落葉降る