和歌と俳句

早春 春さき

定家
春やとき 谷のうぐひす うちはぶき けふ白雪の 古巣いづなり

良経
春やとき 軒端の梅に 雪さえて けふまで花の 枝にこもれる

宮沢賢治
ひるもなほ 星みるひとの 眼にも似る さびしきつかれ 早春のたび

晶子
よろこびぬ 浮彫したる きよらなる うす桃色の 春の初めを

早春の園鶴唳を放ちけり 風生

ただ燃ゆる早春の火や山稼ぎ 蛇笏

早春の鎌倉山の椿かな 虚子

早春や庵出る旅の二人づれ 蛇笏

早春や藪の穂並に風見えて 草城

早春の牡丹畑を廻りけり たかし

早春の日のとろとろと水瀬かな 蛇笏

早春の深雪を踏んで訪はれけり 石鼎

早春や深雪のコート濃紫 石鼎

鹿苑寺早春の風わたり行く 普羅

春早し腰高障子ひしひしと 普羅

早春の晴れて風ふくサイレンのいつまでも 山頭火

早春の曇り日の墓のかたむき 山頭火

崖にそうてきて曲れば蘭竹二株の早春 山頭火

汽笛とならんであるく早春の白波 山頭火

早春のさざなみが発電所の石垣に 山頭火

早春や大いなる鳥窓をすぐ 石鼎

早春や二三度窓をあけてみる 石鼎

早春を湧く煙かたち松の中 石鼎

早春の門すこし濡れあさの雨 

春先の正午愚妻と赤松と 耕衣

早春の新月得たる軒あはれ 

早春の暮れ色の空松はよし 

早春や室内楽に枯木なほ 波郷

早春の松に烏や濃紫 立子

早春の鳶を放ちて宝寺 青畝

早春や道の左右に潮満ちて 波郷

早春やラヂオドラマに友のこゑ 波郷

早春や胸高に出づ予後の月 波郷

花器求め来て早春の違ひ棚 立子

早春や馬首を進むる火口原 青畝

老いし友を葬りて早春根岸恋ふ 草田男

鳥語解せず早春勤勉自誓せる 草田男