山焼き

山焼やほのかにたてる一ッ鹿 白雄

山やくや眉にはらはら夜の雨 一茶

寝がてらや咄がてらや山をやく 一茶

山焼や夜はうつくしきしなの川 一茶

山焼の明りに下る夜舟哉 一茶

山焼くとばかりに空のほの赤き 子規

宵々の窓ほのあかし山焼く火 漱石

出て見れば南の山を焼きにけり 子規

千樫
夕食終へて外に出てみればあかあかと山焼の火のひろがりにけり

牧水
椎の樹の暮れゆく蔭の古軒の柱より見ゆ遠山を焼く

山焼きに出て夜雉を逐ふくらさかな 碧梧桐

牧水
いづかたの山焼くるにかきさらぎの冷たき空に煙なびけり

牧水
衣黒きふるさと人ら群りてかの山辺をもけふは焼くらむ

伊豆の山焼くるとばかり寝入りけり 普羅

山を焼く人等たむろすみちのくは 青邨

山焼く火檜原に来ればまのあたり 秋櫻子

山焼くやひそめき出でし傍の山 不器男

山焼けば鬼形の雲の天に在り 秋櫻子

母の頬にはるけく動く山火かな 汀女

山焼きや賽の河原へ火のびたり 誓子

あはれ没日ふた国かけて山焼けり 楸邨

葎にも山焼の火の一雫 静塔

立春 早春 春浅し 二月 初午 雪解 残雪 春寒 余寒 冴え返る 猫の恋 白魚 野焼 山焼 蕗の薹 紅梅 実朝忌 三月 如月 雛祭り 春の雪 春雷 啓蟄 東風 春めく 春の山 水温む 春の水 田螺 涅槃 帰る雁 彼岸 彼岸桜 暖か 雲雀 春の雨
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内