和歌と俳句

山焼き

山焼やほのかにたてる一ッ鹿 白雄

山やくや眉にはらはら夜の雨 一茶

寝がてらや咄がてらや山をやく 一茶

山焼や夜はうつくしきしなの川 一茶

山焼の明りに下る夜舟哉 一茶

山焼くとばかりに空のほの赤き 子規

宵々の窓ほのあかし山焼く火 漱石

出て見れば南の山を焼きにけり 子規

千樫
夕食終へて 外に出てみれば あかあかと 山焼の火の ひろがりにけり

牧水
椎の樹の 暮れゆく蔭の 古軒の 柱より見ゆ 遠山を焼く

山焼や闇の中ある高野山 万太郎

山焼きに出て夜雉を逐ふくらさかな 碧梧桐

牧水
いづかたの 山焼くるにか きさらぎの 冷たき空に 煙なびけり

牧水
衣黒き ふるさと人ら 群りて かの山辺をも けふは焼くらむ

伊豆の山焼くるとばかり寝入りけり 普羅

山を焼く人等たむろすみちのくは 青邨

山焼く火檜原に来ればまのあたり 秋櫻子

山焼くやひそめき出でし傍の山 不器男

山焼の煙の上の根なし雲 虚子

山焼けば鬼形の雲の天に在り 秋櫻子

母の頬にはるけく動く山火かな 汀女

山焼きや賽の河原へ火のびたり 誓子

あはれ没日ふた国かけて山焼けり 楸邨

葎にも山焼の火の一雫 静塔

そぞろげる人見ゆ今宵焼く尾根に 爽雨

山焼くひ宝珠ちらしにはじまりぬ 爽雨

はや焼きし避寒の伊豆の山片面 爽雨