和歌と俳句

平畑静塔

ひとり海苔掻く乗る舟の尾を上げて

全能の牛の目の玉耕せり

赤土を足袋に復活祭のしるし

ぴりぴりと近江の蝌蚪が動きだす

体内の菜の花あかり野良着きて

握り太徳利を卒業生に注ぐ

春蘭を掘り学帽に入れこめり

梨の花とんで母屋の塵となる

蝶となる梨の落花の立上り

鋤きいそぐこれで総出か山ざくら

春山家出るに白髪の櫛目立て

雄鶏をとばす薪棚朝ざくら

山川に洗足の石蕨狩

うぐひすにダム一椀の水だまり

なきものは天に帰りし残り雪

春の昼化石の中に羽ひろぐ

目を下げて文人の像雛節句

うぐひすや倒れる杉を森支ふ

葎にも山焼の火の一雫

落花の木いづれ耕野のみどりの木

卒業や流れる花の花言葉

空壕に探しのあにいもと

井筒より蝶ひきかへす益子窯

誰も出て落花の敷を巻きもせぬ

その風に山坂も乗る花吹雪