和歌と俳句

残雪

<

東駒に西駒のひだの深くに残る雪 碧梧桐

残る雪大方は消えて杉の中 石鼎

あはあはと西日さしたり残る雪 草城

愛別といふ邑過ぎぬ残る雪 風生

茂吉
中堂の庭に消のこる雪見れば土につき白きいはほのごとし

茂吉
あふみの海いまだ寒しと比良山に消のこる雪は見らくしよしも

残雪の今はぽつちりとあるばかり 青邨

打ち離れ枯菊の辺に残る雪 たかし

茂吉
橡の樹の根がたに落葉たまりをりそこに僅かに雪ぞのこれる

石上に廓然と雪残りをり 茅舎

残雪の上の日南の木影かな 石鼎

雪残る汚れよごれて石のごと たかし

竹山に残雪沈み見ゆるかな たかし

雪のこる家のまはりとも思ひ臥す 石鼎

家かげの永久なるところ雪のこる 石鼎

岸草に残る雪あり一つづり たかし

手賀沼の洲の残雪の暮れてひかる 秋櫻子

>残る雪ふたとこみとこ踏みて訪ふ 青邨

伊吹嶽残雪天に離れ去る 誓子

美しく残れる雪を踏むまじく 虚子

残雪や雲に消えゆく伊賀の道 楸邨

葛城の額を塗りて残る雪 たかし

残雪のぬれぼとけみえ人出みえ 万太郎

残雪や線消えかけし渾天儀 楸邨

残雪やひきよせてよむ杜少陵 楸邨

残雪に北斗のふれんばかりなる 楸邨

残雪に雨さうさうと機影なし 楸邨

残雪に雨こそそそげ蕭々と 楸邨

残雪や双手握りに書と靴と 楸邨