和歌と俳句

山口誓子

起きてより後の積むことはやき

ましぐらに汽車過ぎもとのの景

臼を碾きやみし寒夜の底知れず

金星と月と懸りて雪照らす

大根を刻む刃物の音つづく

の駅汽缶車おのが火屑踏む

いづこにも雪消え水の辺に残る

霏々と数刻前と異ならず

門を鎖して来し妻の身のまみれ

いつか手を芽ぶきたる木に掛けゐたり

天よりもかがやくものは蝶の翅

海鳴りのはげしき夜をさくら咲き

春潮を家の畳に立ち眺む

巣作ると雀のなせることかなし

妙齢の息しづかにて春の昼

春の暮晩鴉の黒きことも過ぐ

町なかの昔の松の春の暮

閂をさすむんむんと春の星

高き巣に鳴ける雀と我と暮る

藁しべはを荒されし後も垂れ

松の花きのふはここに潦

俎のを刻みたるみどり

藤棚の西は茜の濃くなりつ

咲いて昼夜わかたぬ川流る