和歌と俳句

山口誓子

寒の射に女身も両の脚開き

梅一枝折らば一指を断といふ

左手を祈りの手とし遍路立つ

富士の裾残雪の垂れ揃はずも

雪中に湧く情強き山清水

八ヶ岳霞みたれども八つ並ぶ

瀬の曲りなぞりて雛の流れゆく

荒川となり流し雛見えずなる

知盛の谷水田とし植田とす

馬の背のしとどの汗を掻き落す

遠き世の如くに遠くに蓮の華

倒れ木をくぐる登山者身を低め

大文字木を焚く火とは思はれず

大文字交叉の点の火を強む

燃えさかり筆太となる大文字

大文字第一劃の衰へそむ

祭幕平家亡びの海を描き

睡蓮の葉があれば乗るみづすまし

の平は水の平なる

風倒の稲これ以上凹まざる

み仏の肩に秋日の手が置かれ

芭蕉忌にビルのガラスの絶壁よ

八鬼山を登る胸まで草じらみ

峠神九鬼からは鰤奉る