和歌と俳句

山口誓子

舟に据ゑ海へ供へし鏡餅

三角を忌まずげんげの三角田

著莪の花帝の怨霊斑となりて

低鼻豊頬げんげ田に寝かされて

観音の千手を今年竹も持つ

三つの火の巴蛍は何為せる

少年の腰にともれる蛍籠

砂に苗置きて御田植総ざらひ

長滝に容れて滝壺大いなる

水楼に憩ふ離宮の草刈女

雪渓が直立峰の高ければ

高嶽の襞に雪渓枝別れ

熔岩流れ入りたる海に泳ぎをる

峰雲を突かむと二角獣の雲

の荒れ三方岩の壁の海

白山の神を稲田に勧請して

昼顔の花も電波を受けとむる

全山の紅葉崩れ場を除く他

龍胆を胸に黒部の地下働き

寒夜いま弁才天と吾とのみ

霧の中一筆描きの白は

四時起きに残雪の富士起きゐたり

山小屋に寝たり丸太を枕とし

残雪の富士吾が登る道を空け

富士山頂吾が手の甲に蠅とまる

富士山を覆ひし雪の残に触る