和歌と俳句

山口誓子

海峡の中道烏賊灯連なれり

湖澄むに地獄より血の流れ来る

御遷宮昔の伊勢の暗さなる

御遷宮万代守護の白鳥座

切通し多羅尾寒風押し通る

絨毯を敷きて冷えきる天守閣

天矛の滴りの山みな青嶺

渦潮の落ちて韋駄天走りなる

げんげ田の広大これが美濃の国

山国の旋風に狂う鯉幟

武者幟合戦の場の極彩図

水槽の金魚の真正面の顔

逆立ちて金魚艶なる姿見す

白き背を吾に向けたる雲の峰

星よりも明蛍火の生ける火は

エンヂンに風を食べさす青峠

中之島剣先祭川を切る

神輿船鳳凰外し橋潜る

水神に守られ冬も大河なり

大雪を冠りて木々も低頭す

大雪が押す禅堂の雪囲ひ

の七堂雪の棟雪の棟

招ぜられ壁炉の熱の圏に入る

秋の蝶生きてゐる黄は最も黄

シベリヤの鶴この刈田指して来し