和歌と俳句

山口誓子

網棚に長物スキー横たはる

巡礼ののぐるりの砂の浜

春潮の底掻く酷き網曳いて

碧の鯉加へて海の鯉幟

山に埼ありて摂津の国霞む

高千穂の神山狭田をまだ植ゑず

噴煙を直角に曲ぐ南風の力

蛍火の決意急転換に知る

川渡りして来し蛍火の捕へらる

苗代を割つてあまたの長方形

苗代の密生密の密なるもの

早苗投ぐ青の塊飛んでゆく

吾が投げし早苗の束はみな倒る

紫の裾濃の几帳祇園祭

鉾にゐて稚児の眼あらぬ方を見る

船鉾の黒塗の舵水を切る

の僧額の丘を光らせて

衆のため大師の使道をしへ

高稲架の上の上から穂を垂らす

高稲架の垂り穂数へて十二段

高稲架に潜り門あり稲毛門

芭蕉忌の紅き蝋の火穂長にて

浮御堂浮寝の鴨に燭消さず

藁塚の議事堂吾を迎へたり

聖夜餐スープ平らに搬び来し

金銀の聖樹駐在所に飾る