和歌と俳句

山口誓子

膝蓋に掌をあて寒き夜の眠り

鮭年を越したりいまだ刃を当てず

港内の太笛除夜の意を籠めて

寺寺の百八の鐘みな消え果つ

鬼やらふにも何といふ海の暗さ

木造りの駅廊の下田が凍る

海の鴨あはれまむにもみな潜く

鴨の浮き出づるとき海盛り上がる

並び川翡翠一より他へ移る

沖までの途中に春の月懸る

釈迦眠る蹠に山を画かれて

頭の方に廻り寝釈迦の頭を眺む

銅線をたぐりて花の上に架け

落花の水海に入らずに溯る

日蔭日向に松の花けぶりそむ

海苔黒く育つ毎年のことなれど

飛行機の部屋の燈夏の夜空とぶ

麦生何起りしや誰か逃げ誰か追ひ

麦藁を以て築きし農夫の塔

籠を出て一翔長き蛍火

雨に田を植う簑の裡褌ひとつ

遮光眼鏡おはぐろとんぼの色をして

避暑の荘水栓一滴一滴洩る

真黒な硯をが舐めまはす

暑き夜の波は漂着する如し

うすものの中に扇をつかふ腕