除夜

わが家のいづこか除夜の釘をうつ 誓子

潮騒の寝をなさしめず年徂く夜 亞浪

除夜零時過ぎてこころの華やぐも 誓子

猫が鶏殺すを除夜の月照らす 三鬼

蝋涙の冷えゆく除夜の闇に寝る 三鬼

切らざりし二十の爪と除夜眠る 三鬼

妻と寝て除夜の畳のひろがれる 静塔

籤すてて除夜の明又暗の道 静塔

斧を振る妻の膂力に除夜の星 静塔

除夜の胸陥没部位は肋無し 波郷

除夜の妻ベッドの下にはや眠れり 波郷

月光の除夜の塵より何かつまむ 静塔

除夜浴身しやぼんの泡を流しやまず 多佳子

港内の太笛除夜の意を籠めて 誓子

見据ゑ且つほほゑむ遺影除夜の壁 静塔

除夜の月物干竿も赫々と 静塔

命守り夜目にしらじら除夜了る 静塔

この除夜の珍の月代立ちにけり 爽雨

更闌けてかがり瞬く除夜の爐火 蛇笏

うつくしき僧の娘二人除夜の爐に 蛇笏

眠らんと除夜の子が捲くオルゴール 波郷

闘魚たたかふ水美しき除夜の隅 不死男

見舞妻去りしより除夜いよよ急 波郷

きはまりの除夜や明星むらさきに 静塔

除夜の門に出でて一路の横たはる 爽雨

冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花 冬の山 枯野 みそさざい 都鳥 千鳥 冬の海 河豚 海鼠 冬ごもり 埋火 焚火 炬燵 風邪 マスク 襟巻 手袋 足袋 日向ぼつこ 北風 霜夜 冬の雨 冬の月 冬至 柚湯 クリスマス 師走 年の市 煤払い 年忘れ 餅つき 歳の暮 行く年 大晦日 除夜 除夜の鐘
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句