冬の月

後拾遺集 大弐三位
山の端はなのみなりけり見る人の心にぞいる冬の夜の月

定家
つたひ来し筧の清水つららゐて袖にさえたるふゆのよのつき

この木戸や鎖のさされて冬の月 其角

衿巻に首引入て冬の月 杉風

つめたさの身にさし通す冬の月 杉風

あら猫のかけ出す軒や冬の月 丈草

戸の外に是非なく置や冬の月 千代女

鳥影を葉に見てさびし冬の月 千代女

笛のねのいつからやみて冬の月 也有

静なるかしの木はらや冬の月 蕪村

石となる樟の梢や冬の月 蕪村

しづかなる柿の木はらや冬の月 召波

温石の百両握るふゆの月 召波

砂に埋須磨の小家や冬の月 暁台

浅からぬ鍛冶が寐覚や冬の月 白雄

犬にうつ石の扨なし冬の月 太祇

外堀の割るる音あり冬の月 一茶

短日 冬の日 顔見世 冬の空 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花 冬の山 枯野 みそさざい 都鳥 千鳥 冬の海 河豚 海鼠 冬ごもり 埋火 焚火 炬燵 風邪 日向ぼつこ 北風 冬の雨 冬の月 冬至 柚湯 クリスマス 師走 年の市 煤払い 年忘れ 餅つき  歳の暮 行く年 大晦日
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内