千載集 匡房
高砂の尾上の鐘の音すなりあかつきかけて霜やおくらむ

千載集 基俊
楸生ふる小野の浅茅におく霜の白きをみれば夜やふけぬらむ

式子内親王
淋しさは宿のならひを木の葉しく霜のうへにも詠めつるかな

慈円
もみぢ葉はおのが染めたる色ぞかしとそげに置ける今朝の霜かな

定家
散りのこる草葉もかはる朝霜の秋のかたみはおかぬなりけり

定家
さびしさは霜こそ雪にまさりけれ峯のこずゑのあけぼのの空

定家
葉がへせぬ竹さへ色の見えぬまで夜ごとに霜をおきわたすらむ

定家
おきそめてをしみし菊の色を又かへすもつらき冬の霜かな

定家
冬はまだあさはの野邊におく霜の雪よりふかきしののめの道

定家
いく世までなれてふりぬる川竹のまた下かげに霜ぞおきそふ

短日 冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花 冬の山 枯野 みそさざい 都鳥 千鳥 冬の海 河豚 海鼠 冬ごもり 埋火 囲炉裏 焚火 炬燵 暖炉 火鉢 火桶 湯たんぽ 風邪 蒲団 マスク 襟巻 手袋 足袋 日向ぼつこ 北風 霜夜 冬の雨 冬の月 冬至 柚湯 クリスマス 師走 年の市 煤払い 年忘れ 餅つき  歳の暮 行く年 大晦日 除夜 除夜の鐘
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集
お得区案内図