虎落笛 もがりぶえ

虎落笛眠に落ちる子供かな 虚子

夕づつの光りぬ呆きぬ虎落笛 青畝

梅嫌果ててゐるなり虎落笛 青畝

風の子の一と群過ぎぬ虎落笛 茅舎

虎落笛母大切に籠りけり 喜舟

虎落笛絨毯に曳く折鶴蘭 みどり女

折鶴蘭鏡にうつり虎落笛 みどり女

この齢で何をおそるる虎落笛 

紫の氷かなしや虎落笛 茅舎

虎落笛叫びて海に出で去れり 誓子

霊山に星はすくなし虎落笛 楸邨

一汁一菜垣根が奏づ虎落笛 草田男

子が寝ねば妻が叱れず虎落笛 楸邨

胸廓の裡を想へば虎落笛 草城

燈火の揺れとどまらず虎落笛 たかし

虎落笛闇の帷に閃閃と たかし

虎落笛吉祥天女離れざる 多佳子

虎落笛みつまたの花みな動く 青畝

虎落笛箕面の早瀬澄みきつて 青畝

余生のみ永かりし人よ虎落笛 草田男

虎落笛樹氷の林抜けるとき 誓子

もがり笛厚扉厚壁くぐり来る 多佳子

帰り来し故郷の山河虎落笛 立子

海を行く妙義生れの虎落笛 誓子

もがりぶえとぎれとぎれのものがたり 誓子

甘酒の箸は一本もがり笛 青畝

涙痕のひりひり乾く虎落笛 不死男

もがり笛左千夫に起り在りつづく 静塔

もがり笛信濃の教師耳かしこ 静塔

もがり笛息継ぐ茅野の尖石 静塔

もがり笛話とぎるる恐れけり 汀女

人の死は誰のあと追ふ虎落笛 不死男

耳打の憂きこともがり笛の席 静塔

初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花 冬の山 枯野 みそさざい 都鳥 千鳥 冬の海 河豚 海鼠 冬ごもり 埋火 囲炉裏 焚火 炬燵 暖炉 火鉢 火桶 湯たんぽ 風邪 蒲団 マスク 襟巻 手袋 足袋 日向ぼつこ 北風 虎落笛 霜夜 冬の雨 冬の月 冬至 柚湯 クリスマス 師走 年の市 煤払い 年忘れ 餅つき  歳の暮 行く年 大晦日 除夜 除夜の鐘
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
旅行案内 お得区案内図